会社設立のための手続き - 大阪で会社設立するなら

HOME » 大阪で会社設立するなら » 会社設立のための手続き

会社設立のための手続き

これから大阪で会社設立手続きをしたいと考えている人は、まず一連の流れをしっかり把握し、ひとつひとつやるべきことをクリアしていく必要があります。
会社設立手続きは個人事業主のように開業届を出して終わりというわけではなく、何段階かあります。

まずはじめにやることは会社名や会社の所在地、事業内容、資本金の設定で、これらは会社設立手続きをするうえでの準備となるので非常に重要です。
会社名を基本的に自由に決められますから、自分の名前をメインに持ってきても構いませんし、扱う商材や会社のキャッチフレーズをそのまま使ってもいいでしょう。
ただし商号調査を行って使用可能かどうかチェックしておくことを忘れないでください。
会社の所在地はアクセスと仕事のしやすさの両方を考えて決めるのがポイントで、事業内容を決めるときには扱う商材だけでなくどのような売り方でどんな層をターゲットにするのか詳しい部分まで決めておきましょう。
同時に資本金の設定を行いますが、この時点で事業内容に合った金額を出さなければなりませんので、運営にかかる金額をできるだけ明確にしておくと会社スタート後が楽になるでしょう。

ここまでが会社設立手続きの準備で、続いて会社の役員など組織図を決める機関設計を行い、これと資本金などを記載した定款を作成します。
定款は会社のルールブック的なものでとても重要な書類になりますから、しっかり内容をチェックして作成してください。
作成にあたって紙でやる場合と電子定款がありますので、その違いについても調べておきましょう。

定款の認証が終わったら資本金の払い込みを行い、いよいよ登記書類の作成・申請に移ります。
登記は会社として登録する行為で、法務局にて行いますが、法務局は平日しか営業していないためなかなか足を運べない人もいるでしょう。
その場合、司法書士に申請代行を依頼することができ、司法書士は登記書類の作成もできますので、同時に任せる事をおすすめします。