大阪で会社設立する方法 - 大阪で会社設立するなら

HOME » 大阪で会社設立するなら » 大阪で会社設立する方法

大阪で会社設立する方法

大阪で会社設立したいと考えている人は非常に多いと思いますが、まずはその方法をきちんと把握しておかなければなりません。
そこで今回は会社設立する方法を紹介しますので、これから起業しようと考えている方は参考にしてください。

はじめに会社設立の方法は大きく分けて2種類あって、ひとつは「自分ですべて手続きをする」もうひとつは「会社設立代行業者に依頼する」です。
まずひとつめの「自分ですべて手続きをする」ですが、この場合条件として法律的な知識があること、あるいは興味があって勉強したい人でなければいけません。
なぜなら知識がない状態ではじめても時間がかかるだけですし、その間の生活費の負担を考えるなら自分でやるよりも詳しい人に任せたほうがメリットも大きいからです。
もともと法学部などで法律的なことを学んでいたり、手続き自体やってみたいという意欲がある人であれば時間はかかっても自分のためにもなりますのでいいと思います。

次に「会社設立代行業者に依頼する」場合ですが、これは厳密に言うと各専門家に依頼するか、会社設立代行業者に直接依頼するかに分かれます。
まず会社設立に携わる専門家は税理士・司法書士・行政書士・弁護士で、これらの資格はそれぞれ役割が異なります。
税理士は税金関連のことに強いので、その点を重点的にアドバイスしてほしいときに役立ちますし、司法書士や定款の作成から登記書類の作成・申請代行までトータル的なサポートができます。
行政書士は定款の作成のみなどピンポイントな役割が期待できますし、弁護士は法的なところの相談に乗ってくれます。
中には社会保険労務士や中小企業診断士の資格を一緒に持っている人もいるので、そういった人だとより詳しいアドバイスが聞けます。

一方会社設立代行業者の場合は一連の流れをすべて任せられますし、ピンポイントで利用することもできるのでバリエーション豊かなところが魅力です。
料金も安くいろいろな業者があるので初めての人におすすめです。