会社設立にかかる費用 - 大阪で会社設立するなら

HOME » 大阪で会社設立するなら » 会社設立にかかる費用

会社設立にかかる費用

大阪は企業が非常に活発に動くエリアとして知られており、新規事業を起こす人も多く、不景気であっても毎年たくさんの企業が誕生しています。
しかしいくら会社設立しても知識がなければ廃業するしかありませんし、それではせっかく作った意味もありませんので、成功できるように経営者自身が知識を深め、努力していくことが大切です。
その第一歩となるのが会社設立費用や経費についてで、これをよく把握しておくことで、会社スタート時のお金の使い方も決めやすくなります。
それでは会社設立するためにはいったいどのくらいの費用がかかるのでしょうか?

まず会社設立にあたって会社形態と決めると思いますが、現在選択肢は株式会社か合同会社の2択になることがほとんどでしょう。
この2つは会社のスタイルも違えば、設立にかかる費用も違います。

株式会社の場合、役員となる人が中心になって社員をまとめ、動かしていくスタイルで、株式を発行できるため、それを買ってもらえば資金調達もできるメリットがあります。
株式会社設立にかかる費用は公証人手数料50,000円、収入印紙代が40,000円、登録免許税が150,000円、その他手数料や印鑑証明代などを含めるとだいたい240,000円ちょっとになります。

一方合同会社は役員という概念がなく、全員が有限責任社員となり全員が出資者なので平等なポジションで運営していくのが特徴です。
役員の代わりに代表社員が存在しますが、これはあくまでもみんなの代表という形なので発言権が大きくなることはありません。
合同会社設立にかかる費用は収入印紙代の40,000円、登録免許税60,000円、その他手数料と印鑑証明代などを含めても100,000円ちょっとなので、設立費用は株式会社よりもかなり安くなります。

また、どちらも定款の作成を電子定款にすると40,000円が0円になりますので、大幅なコストダウンが可能になりますから覚えておいてください。