大阪で助成金をもらいたい - 大阪で会社設立するなら

HOME » 大阪で会社設立するなら » 大阪で助成金をもらいたい

大阪で助成金をもらいたい

大阪では近年、会社設立をする人が増えていると同時に助成金の申請も増えていると言われています。
助成金とは国や自治体から支給されているお金で、返済が不要という点から事業資金として活用されています。

一般的に資金調達をする場合、自己資金以外となると融資を受けることが考えられますが、これだと返済義務が生じるため、返済期限内に返さなければなりません。
加えて利子も発生するので、最初に借りた金額よりも多くのお金を返済する必要がありますから、資金は得られたとしても結果的に損をしてしまいます。
しかし先ほどお伝えしたように助成金は返済不要なので、利子も発生しませんし、返済期限というものもありません。
そもそも助成金は先払いではなく後払いとなっているため、資金を使った後に補充されるお金という意味合いのほうが強いので、融資されたお金とは少し立ち位置も異なります。

また、よくある質問の中に助成金と補助金の違いがあげられますが、基本的な面ではどちらも国や自治体から出されているので大きな違いはありません。
しかし受給の難易度は補助金よりも助成金のほうが低く、これは補助金があらかじめ予算が決まっていることに対して、助成金は条件が合えば支給されることが多いからだと言われています。
とは言え、助成金も必ず支給されるわけではありませんので、その点は把握しておきましょう。

次に助成金の種類についてですが、よく知られているのは厚生労働省から出されているキャリアアップ助成金ではないでしょうか?
2017年の4月からキャリアアップ助成金は8つのコースが生まれ、「正社員化コース」「人材育成コース」「賃金規定等改定コース」「健康診断制度コース」「賃金規定等共通化コース」「諸手当制度共通化コース」「選択的適用拡大導入時処遇改善コース」「短時間労働者労働時間延長コース」と選択肢が大きく拡大されています。
ほかにも助成金は種類があるのでチェックしてみてください。