大阪で会社設立するならの記事一覧 - 大阪で会社設立するなら

HOME » 大阪で会社設立するなら

大阪で会社設立するなら

会社設立でおすすめのお祝い

 

会社設立をした会社や企業があった場合、お祝いを贈ることも多いです。
単純にお祝いの連絡をするだけでも良いのですが、やはりお祝いに関してはしっかりと贈ることが必要となってくるのではないでしょうか。
しかし、いざ他の方が会社設立を行った際、お祝いに何かを贈ろうと思っても、困ってしまうということは多いです。
なぜなら、相手が喜ぶものでなければ、贈ったところで意味がないからです。
もちろん、相手は祝ってくれているという気持ちだけで十分かもしれません。
しかし、実際に祝っているかどうかを伝える形として、何を贈れば良いのかというのは意外にも迷ってしまうことが多いです。
だからこそ、お祝いに関してはしっかりと選んでいくことが必要となるでしょう。
近年は色々なものが喜ばれる中、その常識なども変わってきています。

昔は会社設立はもちろん、起業した方に向けて花を贈るというのが定番でした。
これは今でも行われていることなのですが、花に関しては少し迷惑になることもあります。
そもそも花は置き場所に困るということもありますし、正直なところ受け取ったところであまり良いと思えることが少ないです。
もちろん、会社設立の際には定番のお祝いとなりますが、近年はそれよりも実用的なものの方が喜ばれることも多くなっています。
ボールペンなどの事務用品なども良いですし、単純にお菓子の詰め合わせなどでも良いかもしれません。
正直に言うとお祝いに正しいものというのはありませんし、あくまでも気持ちです。
ただ、花の他にも観葉植物などを贈る習慣がある日本ですが、それらは場所を取ってしまうこともあるため、近年はあまり喜ばれないお祝いとなっています。
本当に祝ってあげたいという気持ちがあるのなら、そこは実用的なものを選んであげることが必要となってくるでしょう。

なお、お祝いに関して迷った場合には、専門家に相談してみるのも良いかもしれません。
専門家の場合は司法書士や行政書士、税理士などがいます。
彼らは色々な相談に乗ってくれて、会社設立でもかなり役立つ専門家たちです。
彼らにお祝いの品をどうすれば良いか相談すれば、色々なアイデアを得られるかもしれません。
それらも上手に活用していくと、より喜ばれるお祝いが見つかるかもしれません。
せっかく会社設立のお祝いをするのなら、相手が喜ぶものを贈るようにしてください。
自分本位で「花なら良いだろう」「観葉植物で良いか」と決め付けてしまうのは良くありません。

会社を設立したいなら「何をする」会社なのかを明確に!

 

会社を設立させたいと思ったとき、何をしたらいいのか、何を決めたらいのかで困ってしまう人も多いです。
会社を設立するときは、まず何をする会社なのかを明確にしなければなりません。
それを定款の作成で事業目的として記載しなければならないので、会社を設立したいと考えるのであれば先に事業目的について考えましょう。

・何をする会社なのかを明確にする理由!
会社を設立させたいとき、何をする会社なのかを明確に決めなければなりません。
定款の作成を行うときは事業目的について記載しなけれならないので、会社を設立する前に必ず決めておきましょう。
何をする会社なのかを決めるときは、事業としてどんなビジネス・サービスをするのかを明確にしましょう。
定款は各企業が閲覧できるので、何をする会社なのかを明確に記載しておくことで信頼度が高くなったり、融資をしてもらいやすくすることが出来ますよ。

・何をする会社なのかを誰が見ても分かりやすく記載する!
先ほども言いましたが、定款は各企業や銀行などが閲覧することが出来るので、誰が見ても分かりやすく記載するのがポイントとなります。
一部の人が分かるように記載してしまうと、具体的に何をする会社なのかを理解してもらえず、ビジネスや融資で不利になってしまう可能性もあります。
何をする会社なのかを誰が見ても分かりやすくするためには、メインになる業種を軸にした目的を記載し、具体的にどんなビジネス・サービスを行っていくのかなどを記載しておくといいでしょう。
また、事業目的で何をする会社なのかを記載するときは、全く別のジャンルをいくつも上げてしまうと不信感を抱かれてしまう可能性もあるので注意が必要です。
事業目的を記載するときは不信感を抱かれないためにも、2個~3個程度の事業目的をあげるようにするのがおすすめです。

このように会社を設立させるときは、まず何をする会社なのかを明確に決めておきましょう。
大まかな事業目的では信頼を獲得することができず、ビジネスに繋がらないケースもあります。
定款はいろんな人が閲覧するので、誰が見ても何をする会社なのかを明確に記載し、信頼を得ることが重要になります。
各企業や銀行の信頼を得ることが出来ればビジネスに繋がり大きな仕事を依頼されたり、銀行側の融資が受けやすくなりますよ。
事業目的を記載するときはメインの業種を軸に2個~3個程度をあげ、具体的に何をするのかを明確に記載しておきましょう。

会社設立で知っておきたい自分への給与について

 

ここでは、会社設立の時には必ず知っておきたい、自分に支払う給与についての基礎知識を解説していきたいと思います。
自分、つまり会社の代表者であり役員であるあなたに支払われるお金は、労働者としての対価ではなく役員報酬ということになります。

この役員報酬は、原則的に会社の経費として認められませんので注意が必要です。
経費が認められないということは、法人所得から役員に支払った報酬を差し引くことが出来ず、納税負担が大きくなってしまうことを意味しています。
ただし、ある条件を満たせば、役員報酬を経費として計上することが認められます。

それは、自分に支払う役員報酬を、定期同額給与にしてしまうということです。
定期同額給与とは、1年間給与額を固定して支払うことで、そうすることで役員報酬も経費として認められるようになります。

定期同額給与は、決算から3ヶ月以内であれば金額を改定することができますが、それ以外で金額を増やしたり減らしたりすることはできません。
それ終わってしまうと、役員の都合で会社のお金を流用してしまうそれがあるからです。

ちなみに役員報酬には残業代も休日手当もつきませんので、それを見越した上で金額を設定しなければなりません。
会社を立ち上げたばかりの一人株式会社の場合だと、この役員報酬をいくらにするかによって、会社の売上げに大きく影響しますので重要なポイントでもあります。
例えば、会社の利益を残さずに、売上を役員報酬に割り当てた場合は法人税がかかりません。
ですが、会社としての売り上げが少なくなってしまいますので、銀行などから融資を受ける際に不利になってしまいます。

一方、会社の売り上げとして多くを計上して、自身の取り分を少なくした場合は、社会保障費の負担額が軽くなり所得税も少なくなりますが、その分個人名義のローン審査に影響が出てしまいます。
このように、どちらか一方に偏ると、メリットとデメリットは明確になってしまいます。
ですから、バランスよく、売り上げの中から自分の役員報酬を設定するように、心掛けなければなりません。

また、取締役が複数人いたり、社員を何人も抱えているような状態になった場合は、そのような自分都合の報酬配分は、なかなかできなくなってきます。
その辺りが株式会社の難しいところであり、経営の面白いところでもあるといえるでしょう。

とにかくまず最初は、経営を軌道に乗せることから考えなければなりませんので、自身の役員報酬のことを考えている余裕は、あまりないかもしれません。
まずは取引先ルートの確保や商品開発について十分考えてから、起業することが肝心です。

 

会社設立するときの体験談

大阪は毎日いろいろな企業が誕生すると言ってもいいくらい、起業が盛んな地域ですが、これから会社設立したいと考えている人にとってどんなことが大切になるでしょうか?
これはいろいろなことがあげられますし、各経営者によって悩みも異なるので一概にこれという答えはありません。
しかし実際に会社設立した経験がある人からの体験談はこれから起業する人にとって大きなアドバイスとなる可能性が高いですから、必ず聞いておいたほうがいいでしょう。
それでは会社設立時の体験談にはどんな声が多いのでしょうか?
会社設立するときの体験談 の詳細へ

会社設立の代行サービス

大阪で会社設立したいと考えている人の中には、代行サービスを提供する業者の利用を検討している人もいると思います。
特に初めて会社設立する人は知識もあまりない場合がありますし、個人事業主のときと違って手続きも複雑になるため、プロに任せたほうが安心と考えるのも当然でしょう。
そこで今回は会社設立手続きの代行サービスを提供している業者についてお話していきます。
会社設立の代行サービス の詳細へ

会社設立にかかる費用

大阪は企業が非常に活発に動くエリアとして知られており、新規事業を起こす人も多く、不景気であっても毎年たくさんの企業が誕生しています。
しかしいくら会社設立しても知識がなければ廃業するしかありませんし、それではせっかく作った意味もありませんので、成功できるように経営者自身が知識を深め、努力していくことが大切です。
その第一歩となるのが会社設立費用や経費についてで、これをよく把握しておくことで、会社スタート時のお金の使い方も決めやすくなります。
それでは会社設立するためにはいったいどのくらいの費用がかかるのでしょうか?
会社設立にかかる費用 の詳細へ

起業セミナー

大阪で会社設立したいけど、まだまだ自分は経営者としてのスキルが足りない、あるいはやっていける自信がない、そんな人も多いと思います。
そんな経営者の卵の方におすすめしたいのが起業セミナーへの参加で、今若い世代を中心に起業家が増えていますので、自治体や商工会議所、また企業などあらゆるところが起業セミナーを開催しています。
それでは起業セミナーにはどのような種類があるのか、ここからはそのあたりの話をしたいと思います。
起業セミナー の詳細へ